スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜きサイド、抜かれサイドの考え方

前衛後衛のレートと対面の前衛後衛のレート差が広い時には一般的に高い方が抜きサイド、低い方が抜かれサイドと言います。
ただし、状況によりそれは変わります。

・逆直や流しなどで誰かがシカトされて2v3、2v1の状況が出来た時
・低レートの人が対面を抜いた(倒した)時

よく抜かれサイドなのに、と愚痴を零す人がいますが、その意識を持つことによって耐えればいい(守ればいい、即死しなければいい)と思い対面を攻めなくなる傾向があります。
結果、抜きサイドと呼ばれる方に負担が掛かり立場が逆転してしまうことに繋がります。
もちろん、そういったレートを考慮した戦い方ができれば勝ちを拾いやすくなると思いますし、そういう考え方が悪いというわけではないです。

個人的には、余り抜きサイド抜かれサイドと考えないでアグレッシブに戦った方が楽しいし、失敗しても次に活かせると思います。

暗黒の時代での操作量とその他の時代での操作量

暗黒が一番集中していて操作量多い、という状態になっていませんか?
たまひよ~R8位の人にありがちなんですが、暗黒の時代は失敗すると即死に繋がりますし、INタイムが遅いと後手に回りやすいこともあり、しっかりしています。
しかし、領主の時代になった途端何していいかわからず、もしくは暗黒を乗り切ったことによる安堵により、操作量が激減します。
即城であれば領主の時代はあまりやることもありませんが、こういう傾向のある人は城主になってもあまり操作量が上がりません。

理想は時代の進化と共に操作量が上がる状態です。
暗黒の時代は始まりでしかなく、その後が重要であることを忘れがちです。
本当に操作をがんばらなければいけないのは領主、城主、帝王です。

暗黒は流すくらいのスタンスで操作をし、領主以降の重要な部分で集中して操作をしたいところです。

例えば、私は初弾の騎士を着弾させるまでは大して操作してませんが、その初弾が着弾する際は気合を入れて操作しています。

ストレスと操作量の変化について

攻めている時や上手くいっている時は、操作量が平常時より多くなります。
特に自分より少し強い相手の時に上記の状態だと顕著に現れます。
適度な興奮状態やストレスによって、集中力が上がるからです。

守りに追われている時や逆に上手くいってない時は、操作量が平常時よりも少なくなります。
多少の荒らしなら維持できる人もいますが、荒らされ続けて処理能力の限界を越えるとがくんと落ちます。
そうなった場合操作や考えることを放棄します。ストレスに対するある種の防衛反応と言っていいかもしれません。


限界を越えないようにするには、ある程度荒らされることに慣れる必要があります。
荒らしが来る → 素早くTCに格納 or 柵や家で防ぐ 
といった成功例を増やしていくとちょっと位の荒らしではあまりストレスにならなくなります。

どこから攻める?(前衛編)

更新の遅さが酷くなってます、はい。


やはり初弾の話です。
後衛騎士と比べると早い時間に着弾できるため、場合によってはそれだけで致命傷となったりします。

・対面前衛を攻める

私はこのパターンです。ちなみに、私は対面を倒すまで攻め続けます。
格上が相手の時は特に注力したいところです。
たまひよの方などは、初弾失敗して即死というケースは多いと思います。
逆に言えば初弾失敗しなければ、少なくとも城主までは生き残れると思います。
そこまでいければ負けたとしても良い勝負できると思いますので初弾の意識を上げましょう。

・対面後衛を攻める

弓や斥候などを自陣から出す場合と、敵陣に小屋を建てて軍兵や弓、塔を建てるケースがあると思います。
対面後衛が気づいておらず、直撃できればそれだけで後衛勝負が決まってしまうほどの威力があります。
失敗すると戦果を上げられずに兵を倒され、且つ対面にも負ける状況が出来てしまいます。
仮にある程度戦果をあげたとしても、対面を放置して他の所に流して自分が即死しましたでは、結果的にマイナスになります。
初期斥候で相手の地形を確認し、囲いや塔などで戦果が見込めない場合は流すことを諦めて敵陣の裏に回りこむように切り替えるのも必要になってきます。

・逆後衛を攻める

相手の逆後衛が直だった場合は無防備である可能性が高いため、狙い目です。
対処といっても、全囲いや塔があるかないかだと思います。
全囲いされていても城主までは対処する兵は出てこないので柵を割って中に入りたいところです。
塔とか壁が追加されたとしてもその分直の操作が落ちたり、内政が止まったりするのでダメージを与えられます。

上手くいくと対面後衛に流して、更に逆後衛に流して、ということも期待できます。
対面後衛を攻めるでもありましたが、農民狩るのに夢中になって対面に殺される、ということは避けましょう。

・逆前衛を攻める

たまひよRFとかじゃないとほぼ起こらない現象だと思います。

どこから攻める?(後衛騎士)

主に初弾の話です。

普通何も問題がなければ対面を攻めますが、チームメンバーの動きや実力差等によってはそうもいきません。
また、pietanさんのコラムにもありましたが、相手がガチガチに守りに入っているところに兵を送り込むのも得策ではありません。
手薄な所から攻めることは重要だと思います。
初弾の兵でどれだけ荒らせるかはAOCにおいて一つの大きな醍醐味だと思います。

・対面前衛を攻める
合わせの場合と、味方前衛とは別で荒らしを行う場合があります。

合わせる場合は、うまく連携をとっていけば即死させることもできます。
失敗するとボロ負けになります。また、放置した敵後衛の爆発を招く危険性もあります。

荒らしの場合は、うまくいけば兵操作に専念している無防備な状態を突くことができます。
兵の待ち構えている所につっこんで無駄死したり、囲われてて荒らせない可能性もあります。

対面前衛が強い人の場合は積極的に狙って行きたい所ですが、それ以前に味方前衛が即死している場合があるので無理して攻める程ではないと思います。
逆に弱い場合は行くべきではありません。

・対面後衛を攻める
基本戦術です。格上の時は最優先にしたい所です。
格下の場合でも初弾で荒らして、相手の内政を抑えておきたいです。

最初から相手が篭りそうだと判断したら逆後衛や前衛に行きましょう。


・逆後衛を攻める
逆後衛が直の場合には特に有効だと思います。
ほぼ無防備なので荒らし放題です。

味方の逆後衛が直の場合でも、合わせることによって戦果をあげやすくなります。
味方の直が決まっている場合や、直受けしていた味方がすぐ返した場合は本人に任せたほうが良いです。

全囲いを早めにしてくる人もいるので、初期斥候だけ逆に行って荒らしたり連携を取るだけでも大分違います。

・逆前衛を攻める
特殊な状態です。たまひよRFでもない限り起きないと思います。


対面以外に行く際、対面にやられては元も子もないのでそこだけは気をつけましょう。
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アフィリエイト
レオパレス等でマルチプレイが出来ない方へ


検索連動型広告・ディスプレイ広告はJLISTING Ads マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
プロフィール

^SHIKI

Author:^SHIKI
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。